新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

商談するときに必ずしておくことは、競合車を作ることです

 

新車でも中古車でも、商談をするときには必ず「競合車」を作っておくと営業マンにプレッシャーを与えられて、値引きが引き出しやすくなります。
競合車といっても種類は様々。色々なパターンの競合車の作り方をご紹介します。

 


 

みなさん競合車といえば、同じタイプの車両でイメージされる方が多いのですが、そんなことは全くなく、バラバラの種類の競合を作っても問題がないんですね。

 

例えば、ミニバン「アルファード」を買いたい時、普通であれば同じタイプの「エルグランド」を競合車にもってきますが、違うタイプのSUV車「ハリアー」を競合車にもってきても大丈夫。
ここでポイントは価格帯がそんなに離れていないことがポイント!
あまりに価格に開きがあると不自然ですからね。
もう1つポイントが。
「本当はハリアーがほしいんだけど、子供のことを考えたらスライドドアがあって室内も広いアルファードの方がいいのかなと思っている」なんて、その車のポイントを利用すると商談がやりやすくなります。嘘も方便というやつですね。

もちろん、同じタイプの競合車があれば更に商談は白熱します。
例えばホンダ「ステップワゴン」が一番欲しい時に、日産「セレナ」を競合に持ってくるなんて非常にベタでやり易い商談になります。
価格帯もタイプもおなじなら、あとは車の性能と値段の勝負ですからね。
車の性能は一長一短ありますので、主に値引き勝負になってくると、あとはグイグイ攻めて値引きをゲットしましょう!

 

新車を購入する際に、中古車や新古車を競合にもってくるのもまた1つの手段です。
その時は全く同じ車種を競合に設定する方がいいです。
値段勝負になりますが、さすがに新車と中古車では値段の勝負にはなりませんので、
「値段を考えると中古車や新古車にするべきだけど、値段にそこまでの開きがなければ新車の方が良いから」
なんて言って新車値引きを引き出してみて下さい。意外にも効果はあります。

 

値引きを引き出す上で競合車の存在は本当に大きなものになります。
嘘でも競合車を作るようにしてください。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>



今乗っている車を1番高く買い取ってくれるお店の見つけ方を教えます!
車はお店によって20万円以上も査定価格に差が出る場合がありますよ!


自動車を買い換える時に、値引き額や、車両価格にばかり気を取られていませんか?

車を乗り換える時に最も重要なのが、
今乗っている車をいかに高く売るか
これが最も重要なポイントとなります。

車は、売却するお店によって10万円や15万円は当たり前、中には30万円以上もの査定価格に差がつくことがよくあります!

下取り車を1番高いお店に売却することが車を1番お得に買い換える近道となります!

1番高いお店に売却するためには、
「無料一括査定サービス」を使うと、今乗っている車を1番高く売れるお店を見けることができます。

これはかなり知られている方法ですね。

しかし、さらなる正解があります。
それが、↓↓↓↓
1番競争率の高い一括査定を使う

これが最も高くお店に売却するための方法です。

1番競争率の高い一括査定として有名なのが
一括査定.com


というサービスです。

「一括査定.com」は、1番競争率が高い一括査定として自動車業界では本当に有名な査定サービスです。

査定価格を上げるコツは、なんと言っても「競合」です。
しかも、競争率が高い中での競合となりますので、査定価格もグングン上がると利用者からも評判になっているんです。

ちなみに筆者である私も、セレナを売却する際にこの一括査定.comを利用しました。
もともと120万で売却する予定だったのですが、最終的には140万円で売却することに成功しました!

もちろん査定は無料ですので、騙されたと思って一度試してみる価値は絶対にあります!
下取り車を1番高く買い取ってくれるお店を最短で見つけることができますよ!