新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

査定価格や値引き額を多くするのは少しの演出で効果がでます

 

少しの演出で確実に査定価格と値引き額の上乗せができます
車の売買の商談というのはいわば情報戦です。店側と客側のお互いの腹の探り合いになってきます。
営業マンは世間話や雑談を交えながら色々な情報を探っています。ならば、逆にこちらから情報を与えて値引きを引き出す作戦をとりましょう。

 


必ず2〜3店舗は回って下さい

新車でも中古車でも、必ず競合車を作って下さい。
競合車の存在はかなり大きく強力です
例えば「トヨタ ヴォクシー」を大本命で購入を考える場合であれば、
まずは「ホンダ ステップワゴン」か「日産 セレナ」の見積りを取って下さい。それも具体的な商談の見積りで。
ある程度の値引き額と査定額、具体的なオプション部品が記載されているものが望ましいです。

 

それから大本命の「トヨタ ヴォクシー」の商談へ向かって下さい。

 

重要)ホンダや日産でもらったカタログとセットで見積りもカタログに挟んで後部座席にでも置いておいて下さい。

 

トヨタでの商談中に査定してもらうとき、営業マン、もしくは他の査定士が必ずその見積り書を勝手に見ます
何度も言いますが、商談というのは情報戦。いかに相手の手の内を知るか、競合車がどんな作戦でくるのかなど些細でも情報が欲しいものなんです。
情報を知る上で見積書は本当にいいツールなんです。何百回と商談をこなしている営業マンは見積書からお客さんの性格や好みの傾向等、色々な情報を推測します。

 

もちろん相手もバカではないので、決して本当の値引き額、査定価格等を記入してないのは承知の上で、ある程度の予想値引き額、下取り価格を予想してお客さんとの駆け引きに入ります。

 

これでバッチリ!あとはここから値引きと下取り価格上乗せ作戦を実行していくのみ!
営業マンには競合車の存在と、その商談がある程度まで進んでしまっていて、自分が一歩遅れていることを頭に刷り込ませることができます。
「ここで商談がまとまらずにお客さんが帰ってしまったら、競合車を買いに行くかもしれない」という恐怖感は営業マンは常に持っています。
そうなればあとは目一杯のお値引きを引き出す!目一杯の査定価格の上乗せをしてもらう!
非常に商談のペースが握りやすくなります。

 

一度お試し頂くと効果のほどが実感できると思います。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>



今乗っている車を1番高く買い取ってくれるお店の見つけ方を教えます!
車はお店によって20万円以上も査定価格に差が出る場合がありますよ!


自動車を買い換える時に、値引き額や、車両価格にばかり気を取られていませんか?

車を乗り換える時に最も重要なのが、
今乗っている車をいかに高く売るか
これが最も重要なポイントとなります。

車は、売却するお店によって10万円や15万円は当たり前、中には30万円以上もの査定価格に差がつくことがよくあります!

下取り車を1番高いお店に売却することが車を1番お得に買い換える近道となります!

1番高いお店に売却するためには、
「無料一括査定サービス」を使うと、今乗っている車を1番高く売れるお店を見けることができます。

これはかなり知られている方法ですね。

しかし、さらなる正解があります。
それが、↓↓↓↓
1番競争率の高い一括査定を使う

これが最も高くお店に売却するための方法です。

1番競争率の高い一括査定として有名なのが
一括査定.com


というサービスです。

「一括査定.com」は、1番競争率が高い一括査定として自動車業界では本当に有名な査定サービスです。

査定価格を上げるコツは、なんと言っても「競合」です。
しかも、競争率が高い中での競合となりますので、査定価格もグングン上がると利用者からも評判になっているんです。

ちなみに筆者である私も、セレナを売却する際にこの一括査定.comを利用しました。
もともと120万で売却する予定だったのですが、最終的には140万円で売却することに成功しました!

もちろん査定は無料ですので、騙されたと思って一度試してみる価値は絶対にあります!
下取り車を1番高く買い取ってくれるお店を最短で見つけることができますよ!