新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

ディーラーの下取り査定よりも車買取り専門店の査定額が高くなるワケ

 

「下取りよりも買い取り」なんてキャッチフレーズのCMをよく見かけませんか?
ぼくの長年の経験から、これは査定金額でいえば正しいです。
買い取り店は「ガリバー」や「ユーポス」が有名ですが、ではなぜ下取りよりも買い取りの方が査定金額が高くなるのかをご説明いたします。

 


 

ズバリ!目的の違いです。

「自動車販売店」で車を購入する際、自分の車は下取りに出しますよね?
販売店側は自動車を売って利益を出し、更にいただいた下取り車を売って更に利益を出します。2度おいしいです。

 

では「車買い取り店」はといいますと、販売経路のある会社なら販売しますが、だいたいの車はオークションに流されます。そこで新たな買い手を見つけて利益を出します。言わば利益を生むのは1度限りです。
そこに大きな違いが生まれます!

 

「販売会社やディーラー」の場合は、下取りを取らなくても自動車さえ売れれば利益は必ず生まれます!下取りは二次的な利益を産む物です。

 

逆に「買い取り店」はと言いますと、車の買い取りができなければ原材料の仕入れ自体できなくなり、1円の利益も産まないという結果に陥ります。
商売自体成り立たなくなります。
ここが「下取り」と「買い取り」の大きな違いとなってきます!
目的の違い」こそ査定価格に明らかな差を産む結果に繋がります。
販売店側の目的はあくまでも車を買ってもらうこと!これが一番の目的です。車を買って貰いさえすれば、車の販売利益、各種手続きに関する代行料、整備費用など、様々な利益が生まれます!何度もいいますが、「自動車販売」こそ販売店の一番の目的なんです!
一方「買い取り店」は下取りに勝って「車を買い取ること」こそが一番の目的なんです!言わば商売していく上で基本となる「仕入れ」が出来るか出来ないかという、死活問題なんです!
買い取ることができなければ、売る商品がなくなるわけですから、売る商品がない店なんて潰れていくしかないですよね?そこが一番重要なポイントになってきます。
生き残っていくために販売店よりも値段を上乗せして車を仕入れる。それが「下取りよりも買い取り」の答えになります。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>



今乗っている車を1番高く買い取ってくれるお店の見つけ方を教えます!
車はお店によって20万円以上も査定価格に差が出る場合がありますよ!


自動車を買い換える時に、値引き額や、車両価格にばかり気を取られていませんか?

車を乗り換える時に最も重要なのが、
今乗っている車をいかに高く売るか
これが最も重要なポイントとなります。

車は、売却するお店によって10万円や15万円は当たり前、中には30万円以上もの査定価格に差がつくことがよくあります!

下取り車を1番高いお店に売却することが車を1番お得に買い換える近道となります!

1番高いお店に売却するためには、
「無料一括査定サービス」を使うと、今乗っている車を1番高く売れるお店を見けることができます。

これはかなり知られている方法ですね。

しかし、さらなる正解があります。
それが、↓↓↓↓
1番競争率の高い一括査定を使う

これが最も高くお店に売却するための方法です。

1番競争率の高い一括査定として有名なのが
一括査定.com


というサービスです。

「一括査定.com」は、1番競争率が高い一括査定として自動車業界では本当に有名な査定サービスです。

査定価格を上げるコツは、なんと言っても「競合」です。
しかも、競争率が高い中での競合となりますので、査定価格もグングン上がると利用者からも評判になっているんです。

ちなみに筆者である私も、セレナを売却する際にこの一括査定.comを利用しました。
もともと120万で売却する予定だったのですが、最終的には140万円で売却することに成功しました!

もちろん査定は無料ですので、騙されたと思って一度試してみる価値は絶対にあります!
下取り車を1番高く買い取ってくれるお店を最短で見つけることができますよ!