新車情報、値引き、下取り、買取、中古車に関することなら

人身傷害と搭乗者傷害の違いとは?同時につけるメリット・デメリットとは

自動車保険において、
「人身障害」と「搭乗者障害」の違いが判らないという方がたくさんおられました。
たしかに分かりにくいですよね。
どちらの特約も、
ケガをした場合
死亡したり後遺障害を被った場合
により保険金が支払われる特約です。
同じ様な保険ですが、ちゃんと違いはありますのでご説明を

 


 

人身障害とは
治療費や精神的損害、休業損害など、実際にかかった費用や損害額を、過失割合に関係なく支払われます。
責任割合に関係なく保険金が支払われるので、損害についてほぼ全額補償されます。
(ただし、保険金額の範囲内で)

 

搭乗者障害
死亡又は後遺障害を負った場合、あらかじめ定められた金額を受け取れる
ケガの場合は、実際にかかった金額ではなく、症状によってあらかじめ定められた金額を受け取れる
となっています。

 

簡単に言うと、保険の内容はよく似ていますが、カバーする補償の範囲が少々ちがってきます。
そして、損害の計算方法と、お金の支払われ方が違ってきます

 

では、人身障害と搭乗者障害を一緒に付けるメリットは?
人身障害は、治療後にしか保険金が受け取れませんが、搭乗者障害は治療中でも保険金が受け取れるメリットがあります。

 

当面のお金の心配がある方は搭乗者障害の加入をオススメします。

 

しかしながら、補償の範囲等が似ている特約ですので、正直なところ、
「人身障害」のみ付けていれば、保険料の節約になりますし、きっちりとカバーされているので大丈夫だと思います。

 

補償や保険金支払いを手厚くとお考えのかたは、人身障害と搭乗者障害をセットで付けるといいと思います。

 


 

<自動車のプロが教える車の得する買い方売り方選び方TOPへ>



今乗っている車を1番高く買い取ってくれるお店の見つけ方を教えます!
車はお店によって20万円以上も査定価格に差が出る場合がありますよ!


自動車を買い換える時に、値引き額や、車両価格にばかり気を取られていませんか?

車を乗り換える時に最も重要なのが、
今乗っている車をいかに高く売るか
これが最も重要なポイントとなります。

車は、売却するお店によって10万円や15万円は当たり前、中には30万円以上もの査定価格に差がつくことがよくあります!

下取り車を1番高いお店に売却することが車を1番お得に買い換える近道となります!

1番高いお店に売却するためには、
「無料一括査定サービス」を使うと、今乗っている車を1番高く売れるお店を見けることができます。

これはかなり知られている方法ですね。

しかし、さらなる正解があります。
それが、↓↓↓↓
1番競争率の高い一括査定を使う

これが最も高くお店に売却するための方法です。

1番競争率の高い一括査定として有名なのが
一括査定.com


というサービスです。

「一括査定.com」は、1番競争率が高い一括査定として自動車業界では本当に有名な査定サービスです。

査定価格を上げるコツは、なんと言っても「競合」です。
しかも、競争率が高い中での競合となりますので、査定価格もグングン上がると利用者からも評判になっているんです。

ちなみに筆者である私も、セレナを売却する際にこの一括査定.comを利用しました。
もともと120万で売却する予定だったのですが、最終的には140万円で売却することに成功しました!

もちろん査定は無料ですので、騙されたと思って一度試してみる価値は絶対にあります!
下取り車を1番高く買い取ってくれるお店を最短で見つけることができますよ!